【三島うなぎ】老舗の割烹で味わう上品なうなぎ「沼津・ぼんどーる」ー実食レポ

沼津市のうなぎ屋さん

・沼津市にも美味しいうなぎ屋さんありますか?

 三島はうなぎの街。多くのうなぎ屋さんがそれぞれの個性でお店を営んでいます。 例えば、桜屋、 元祖うなよし、すみの坊は、どれも有名で美味しいお店ですが、店の雰囲気・味・食感などはすこしづつ違います。

 三島は小さい街なので、隣接する清水町・長泉町・沼津市にも美味しいうなぎ屋さんが営業しています。

 沼津のうなよしは創業から50年以上の老舗でとっても美味しいうなぎ屋さんです。

 今回は、三島市の隣の沼津市にある、老舗の割烹「沼津 ぼんどーる」を実食レポートします♪

 ぼんどーるは落ち着いた老舗の割烹で、個室もあるので、ゆっくりと落ち着いてうなぎを食べたい人には特におすすめのお店です。

1.  場所・行き方
2. 住所・連絡先・営業時間
3. お弁当(テイクアウト)
4. 足湯
5. 個室・お店の雰囲気
6. 実食レポ

場所・行き方

 ぼんどーるは、国道1号線と沼津グルメ街道が交差した場所にあります。

 沼津グルメ街道は、国道1号線と東名高速道路・沼津インターチェンジ(IC)を結ぶ短いローカルの街道で、干物屋、みやげ物屋、レストラン、温泉施設、食事処などが道沿いに並んでいる通りです。

 ぼんどーるは、ちょうど、沼津グルメ街道のターミナル(国道1号線と沼津グルメ街道が交差した場所)付近にあります。

 上の写真は、ぼんどーるから沼津グルメ街道を斜めに撮影したものです。写真右手の道路が沼津グルメ街道で、沼津グルメ街道を写真奥に進んでいくと、東名高速道路の東名高速道路・沼津インターチェンジ(IC)に着きます(車で5分くらいです)。

 上の写真は、ぼんどーるから沼津グルメ街道を正面に撮影したものです。

 上の写真は、ぼんどーるから沼津グルメ街道を斜めに撮影したものです。高架道路は国道1号線です。写真のように国道1号線と沼津グルメ街道が交差する場所の近くにぼんどーるがあります。

 ぼんどーるへのアクセス方法ですが、バスなどの公共機関はほとんど利用できない(本数が少ない、場所が遠いなど)ので、車かタクシーで行きましょう♪

 伊豆方面に車で旅行に行く方で、東名高速道路を使って帰宅する方の中には、 国道一号線から沼津グルメ街道を通って、沼津ICから高速に入る方もいると思います。

 東名高速道路は混んで時間がかかる場合も多いので、ぼんどーるで一休みして食事を取ってから、東名入りするという使い方もいいと思います。

 ぼんどーるの駐車場はお店の敷地内にあります。収容台数も多いので、よほど混んでいなければ駐車できます。下の写真はぼんどーるの駐車場ですが、舗装されていない砂利で敷き詰められた屋外の平面駐車場になっています。

住所・連絡先・営業時間

住所静岡県沼津市大岡2870-2
電話055-925-2511
営業時間午前11:00~午後2:00(ラストオーダー)
午後5:00~午後8:00(ラストオーダー)
定休日水曜日

お弁当(テイクアウト)

 ぼんどーるでは、お持ち帰り弁当(テイクアウト)も可能です。

 お弁当注文の際には、必要な料理時間などをお店に確認してみてください♪

< お持ち帰り弁当(テイクアウト) メニュー>

メニュー税込み価格
蒲焼弁当(梅) 2,200円
蒲焼弁当(竹) 4,300円
蒲焼弁当(松) 6,200円
大海老天丼弁当2,000円
大海老天丼と鰻のコラボ弁当2,000円
海鮮宝石箱弁当2,500円
うまき(1本、4切れ)2,700円
桜海老入り卵焼き(1本、4切れ)900円
シラス入り卵焼き(1本、4切れ)900円
茶碗蒸し600円
自家製イカの塩辛(1本)1,400円
自家製鯛フレーク(1本)800円
鰻昆布巻き(1本)800円

足湯

ぼんどーるの前に足湯場があります。

現在は、(おそらくコロナウィルスの流行もあって)、利用されておりません。

個室・お店の雰囲気

 ぼんどーるは割烹だけあって、木目調の建物で、日本料理にぴったりな雰囲気です。

 店内はとても広く、テーブル席と座敷席が並んでいます。店内の奥には個室もあります。

 ぼんどーるの個室は、接待・宴会・慶事.・結婚記念日・長寿祝い・顔合わせ食事会(婚約食事会)など、ちょっと特別な日のために利用するのにぴったりです。

 店内には、仲居さん(女将さん)が忙しく働いていますが、少し冷えたお茶をすぐに交換してくれるなど、気遣いがとても行き届いていて、気持ちのいいお店です。

実食レポ

 静岡県名産の桜海老をお刺身で頂きました(800円)。

 びっくりしたのが、盛り付けの豪華さ!

 写真のように、小さな竹を割いてその中に氷を詰めて、周りにお花などをあしらっています。

 生桜海老も新鮮で美味しかったのですが、見た目でもとても楽しめました!

 桜海老の周りには、わかめ、人参などのさっぱりとして新鮮な海藻・野菜類が添えられており、わさびとショウガのどちらの薬味でも楽しめるように気遣いされています。この一品だけでも、ぼんどーるのお客様を目でも味でも楽しませようという意気込みが感じられます。

 

 うな重(竹)(4,300円)を注文しました。

味・食感・風味

 臭みは一切ありません。とても美味しい三島のうなぎです。

 外はパリッと、中はふわふわの食感です。桜屋いけだにやや似ています。

 ご飯も少なめなので、この点も 桜屋いけだに似ています。

 タレはやや甘めで、タレの甘さはすみの坊っぽい感じです。

 写真を見てもわかるかもしれませんが、うなぎの外側がやや焦げ目が多く、その分、香ばしい感じがします。ここが、特に、ぼんどーるらしさかなという印象です。

 タレはやや甘めでうなぎは香ばしいのですが、うな吸いはうす味でとても上品でした。お吸い物で味のバランスをとっていると思います。

 写真の手前にあるのは、ノンアルコールだけど食前酒。さっぱりしていて、さぁ、食べよう!という気持ちにさせてくれます。

 ぼんどーるは、うなぎだけを目当てに行くという感じよりも、お店の雰囲気、盛り付けの美しさ、店員さんの気遣いなどをトータルで楽しんで、ゆっくり一息つく場所という感想です。

 これからも末永く続いて欲しいお店。ご馳走様でしたヾ(^v^)k

 

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP