【開運・心願成就・縁結び】幻想的な日本屈指のパワースポット「熱海・來宮神社」ーご利益、お守り、御朱印

ご利益・お守りを知りたい!

・來宮神社でお詣りするとどんなご利益があるんですか?

・來宮神社 ではどんな種類のお守りが販売されているんですか?

 來宮神社(きのみやじんじゃ)にお詣りする時に、ご利益やお守りを知っておきたいですよね。

 この記事を読むと、來宮神社でお詣りして戴く”ご利益”と販売されている”お守り”を知ることが出来ます。

1. 來宮神社とは?
1.1 場所
1.2 歴史(由緒)
1.3 ご祭神(何の神様?)
2. ご神木 大楠
3. ご利益
4. お守り
5. 御朱印
6. 五色の杜(カフェ)
7. 非日常の幻想性
8. 境内末社
9. アクセス・駐車場
9.1 バス亭・時刻表
9.2 駐車場
10. 熱海梅園はすぐ近く♪

1. 來宮神社とは?

來宮神社(熱海)鳥居

 來宮神社は、静岡県・熱海市に鎮座する「全国44のキノミヤジンジャ」の総社です。

 同じ熱海市にある伊豆山神社今宮神社と同様に、”縁結び”の神社としても広く知られています。

 参拝客は非常に多く、特に若いカップルや女性が ”縁結び”を目的に参拝に訪れる神社で有名です。

場所

 來宮神社は、熱海の郊外に鎮座しています。

 最寄り駅は来宮駅。来宮駅は熱海駅のとなりの駅です。

 来宮駅は本数が少ない伊東線の駅なので、熱海駅からのアクセスの方がいいです。

 同じ熱海市内の伊豆山神社と違って平地にあるので、最寄りのバス停や来宮駅から徒歩で楽々行けます。

住所静岡県熱海市西山町43-1
電話0557-82-2241
参拝時間自由
御朱印授与時間9:00~17:00

歴史(由緒)

 來宮神社の建立は不詳で710年より前と言われています。

 古くから來宮大明神と称され、来福・縁起の神様として知られていました。

 奈良・平安期の征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)は戦の勝利を來宮神社で祈願し、各地にご分霊をまつったと伝えられています。

ご祭神(何の神様?)

 三柱が祀られています。

大国主神(オオクニヌシノミコト)

 大国主神(オオクニヌシノミコト)は俗に言う「大黒様」。出雲大社のご祭神でもあります。

 出雲の国の神々が伊豆地方に進出された際、熱海が、海山を臨み、風光明媚で温泉にも恵まれた土地であることを愛され、この熱海を住居に定めて、祀られたと言われています。

  大国主神(オオクニヌシノミコト)は、縁結び・身体健康の神様としてよく知られています。

五十猛神(イタケルノミコト)

 五十猛神(イタケルノミコト)は、樹木と自然保護の神様。父神はスサノオです。

 今から1300年前、五十猛神(イタケルノミコト)からのお告げで熱海湾の漁師が来宮神社に五十猛神(イタケルノミコト)を祀ったと言われています。

 今でも当時を忍ぶお祭り(7月の例大祭)が来宮神社で行われています。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

 武勇と決断を象徴する神様。

 イラストでは、剣(つるぎ)をもって描かれることが多いです。

 東征の際、スサノオが使用していた剣を使って、戦いの窮地を脱したと言われます。

 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、 出世・開運の神様として知られています。

2. ご神木 大楠

來宮神社(熱海)御神木

 大楠(オオクス)は、 来宮神社のご神木です。幹の周りは23.9m、高さは約26m。

 樹齢はなんと2100年以上。大楠は紀元前から存在しています。本州一の巨樹です。

 大楠は、長い間、雨風、落雷、暴風雨などに絶え、2100年を超えて今でも成長していることから、「不老長寿」「無病息災」の象徴と言われています。

 この逞しい生命力にあやかろうとする願いから、大楠を一週すると一年寿命が延び、願い事を心に秘め幹を一周すると願いが叶う、と言われています。

 來宮神社の参拝客は、ご祭神へ開運・縁結びの願い事をする方と大楠へ健康や心願成就を願う方が大半と思います。

 來宮神社は、箱根神社と同じくらい参拝者でかなり混みます。何度も繰り返し参拝する方も多いです。

 大楠の前にはカメラスタンドが置いてあり、大楠の前で写真撮影も可能ですが、私が参拝した時には、大楠の前の大行列が出来ていました💦

 

3. ご利益

 ご祭神である大国主神(オオクニヌシノミコト) は、縁結び・身体健康の神様として、 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、出世・開運の神様として、それぞれ知られています。

 ご神木の 大楠を一週すると一年寿命が延び、願い事を心に秘め幹を一周すると願いが叶う、と言われています。

  したがって、開運・心願成就・縁結びのご利益を願って、参拝する神社と言えます。

4. お守り

 來宮神社では、様々なご利益を戴けることから、多くの種類のお守りが販売されています。

 お守りは参集殿で頒布されています。

來宮神社(熱海)案内版(マップ)

( 引用;来宮神社 ご案内版 )

 鳥居をくぐり、参道を抜け、本殿前に左に曲がると、参集殿です。

 

代表的なお守りをご紹介します。

九星御守自分の星の御守をもつことによって、福を招き、災いを退けると伝えられます。
縁結び守ご祭神・大国主神(オオクニヌシノミコト)は「縁結び」の神様です。
蝶々縁結び守蝶々の形をした縁結び守です。
合格守・学業成就守試験合格、学業や成績の向上が祈念されたお守です。
病気平癒守現在の病気が治るようにと願うお守りです。
楠の葉守御神木の大楠の葉を内符したお守りです。
商売繁盛守商売が繁盛するよう祈念されたお守です。
出典;御守 | 來宮神社 授与品 (kinomiya.or.jp)

 初穂料をお供えして「蝶々縁結び守」を戴きました。

 デザインも可愛らしく、女性の方には特におすすめです(初穂料:1,000円)。

來宮神社(熱海)のお守り(縁結び守)

5. 御朱印

御朱印も参集殿でいただくことができます。

御朱印は3種類

 來宮神社では「來宮神社の御朱印」、「來宮辨財天の御朱印」、「湯前神社」の3種類の御朱印をいただけます。

 湯前神社は來宮神社とは熱海市の別の場所に鎮座する神社です。湯前神社は専属の神職がいないので、本務社(來宮神社)の神職が代りに社務を兼任しています。

 來宮辨財天は來宮神社境内にある末社です。

3種類のどれにしますか?

 参集殿内のカウンターで、巫女さんから「3種類のどれにしますか?」と聞かれます。

 來宮神社の御朱印をいただきたい場合、「本社でお願いします」と返答しましょう。

 下の写真は來宮神社の御朱印です。

來宮神社(熱海)御朱印

 現在(2021/1)、新型コロナウィルスの流行で御朱印は書き置きになっています。

 写真のように書き置きの御朱印を御朱印帳に丁寧に貼り付けました。

6. 五色の杜

來宮神社(熱海)五色の杜

 ご神木の大楠の横に高台があって、階段を上っていくと茶寮「五色の杜」があります。

 うっそうと茂る緑の木々に囲まれたお茶処です🍵

 五色の杜は、大楠の高さ(26m)の半分くらいの高さにあるので、真っ正面から大楠を観ることができる絶好のロケーションでもあります。

メニュー

(引用;五色の杜ご案内)

① 祝いの落雁と静岡抹茶770円麦こがしを使用した落雁と抹茶セット
② わか葉と静岡抹茶880円麦こがしを練り込んだ生地のお菓子と抹茶セット
③ 神せん餅と静岡抹茶990円神せん餅(橙&麦こがし使用)と抹茶セット
④麦こがしコロン抹茶セット660円期間限定商品です

 麦こがしは、大麦やはだか麦を炒ってから挽いて粉にしたもので、香ばしい香りが特徴です。

 ご祭神「五十猛神(イタケルノミコト)」が鎮座したとき、ご神前に「麦こがし」をお供えした故事にならって、 どのメニューも麦こがしを使った和菓子と静岡抹茶のセットになっています。

 來宮神社の例大祭(7/14~16)もこの故事にならって「こがし祭」と言われています。

 來宮神社を参拝したときに五色の杜に訪れ、 ② 若葉と静岡抹茶を注文してみました♪

 若葉のお菓子は香ばしくてほんのり甘いどらやきのがわって感じです。

 抹茶は少しほろ苦くて爽やかなお茶でした。さすが静岡茶!美味しい♪

 参拝に疲れて一休みするときに五色の杜はおすすめです。

7. 非日常の幻想空間

 

 來宮神社は、全体として、 非日常の幻想性が感じられる神社になっています。

 來宮神社は、五感で感じられる神域をテーマに「癒やし・楽しさ・時の大切さ」を提供できる空間と言われています。

 來宮神社に参拝してまず感じることは、來宮神社や境内の分社の鳥居や本殿の柱などが鮮やかな朱色に彩られていることです。京都の伏見稲荷大社や箱根の箱根神社などと同じような非日常性はここから始まっています。

 

 大楠に向かう小路があって、太陽の光をさえぎるように両脇に竹林がうっそうと茂っています。

 小路を抜けると何があるんだろう・・とワクワクした気持ちになります。

來宮神社(熱海)五色の杜

 

 木目と黒や銀のモノトーンの装飾で出来ている五色の杜。

 夕方~23:00くらいまで、壁と床がライトアップされ、真っ暗闇の中で高台の五色の杜がライトで浮かび上がる演出もされます。

非日常の幻想空間

來宮神社は、大楠とご祭神のスピリチュアルとパワーを源泉に、日本の伝統・自然と現代建築が融合したような建築美が取り囲み、1つの和のエンターテイメントが完成されているような異空間です。「癒やし・楽しさ・時の大切さ」を神様と自然のパワーから引き出すような空間になっています。

8. 境内末社

來宮神社(熱海)境内の稲荷社

 來宮神社は境内の中に小さな末社が4つあります。

 稲荷社、弁財天、三奉社、大楠社です。

 鳥居をくぐって参道に入った直後くらいの場所の左手に稲荷社に向かう参道が見つかります。

 稲荷社のご祭神はウカノミタマ。穀物の神様で、お稲荷(おいなり)さんとして親しまれています。京都の伏見稲荷大社の主祭神(しゅさいじん)もウカノミタマです。

 本殿まで進むと、本殿の右隣に弁財天が見えます。

 

來宮神社(熱海)境内の弁財天

 階段を上ると、拝殿があります。

 三奉社は本殿に向かう途中の右手にあります。その名の通り、3柱を祀っています。

 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)、伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)です。

 伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)は、 日本の国作りをした夫婦の神様として有名です。

來宮神社(熱海)境内の三奉社

大楠社は大楠の根元に小さく建てられた社です。

來宮神社(熱海)境内の大楠社

9. アクセス・駐車場

バス停・時刻表

來宮神社(熱海)前バス停

 バス停は來宮神社の鳥居の目の前にあります。バス停の前に長椅子があるので、座って待つこともできます。

 バスは伊豆箱根鉄道バスで、熱海駅⇔來宮神社を走っています。

<來宮神社→熱海駅>

時間平日土日祝
628 5858
722 4322 43
803 3303 33
903 3303 33
1003 3303 33
1103 5103 51
1203 33 4603 33 46
1303 3303 33
1403 11 3303 11 33
1503 16 3303 16 33
1613 16 53 5813 16 53 58
172828
1803 4003 40
191010
2000 3000 30

駐車場

 境内に第一、第二駐車場があります。どちらも神社の右手奥にあります。

(引用;神社 ご案内版 )

 手前の「P」が第一駐車場、奥の「P」が第二駐車場です。

 第一駐車場は、祈祷申込者・TAX・送迎車が優先です。

來宮神社(熱海)駐車場

 第二駐車場は、右手の坂を登り切った場所にあります。

來宮神社(熱海)駐車場の出入り口

 來宮神社はとても参拝者が多いので、周辺の駐車場もチェックしておきましょう♪

 鳥居の前の道を左折すると、第三駐車場があります。

 第三駐車場も参拝者専用駐車場ですが、境内でなく神社の外にあります。

  第三駐車場もほんの少し坂を登ったところに停車するようになっています。

私が参拝した時は、第三駐車場も満車だったので、鳥居前にある一般の駐車場に止めました。

 8:00~22:00であれば、最大料金が700円、1時間あたり300円で駐車できます。

10. 熱海梅園はすぐ近く♪

熱海梅園の梅

 熱海梅園は、1886年に開園した歴史ある梅園です。

 日本で最も早く咲く梅として有名です。毎年11~12月には梅が開花します。

 上の写真は2022/1/22のもの。1月時点で早咲きの梅が2~3分咲きしています。

 熱海梅園は來宮神社から車で3分ほど。

 春先に來宮神社を参拝する方はぜひ熱海梅園にも寄ってみてください。

 熱海梅園では、梅祭りが開催されています。

 2022年は、1月8日~3月6日まで。8時30分~16時まで営業しています。

 入園料は、無料~300円(年齢等によって少し違います)です。

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP